Topics

ケーブルとは?名前の由来は?

ケーブル(Cable)とは、イギリスポンドの別称。
英ポンドと米ドル(GBPUSDポンド米ドル)の交換レートのことを指す場合もある。

まだ外国為替市場が全世界連動でなかった時代に、英国と米国の間に海底ケーブルを使った通信手段があり、大西洋間のケーブル(電信)でポンドのレートを知らせてきたことに由来するのだそう。

英ポンド円の現在の相場


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. 取引量、取引単位のこと。「1万通貨 ドル円 買い」の場合、アマウントは1万通貨となる。
  2. インターバンク市場とは、銀行や証券会社等の金融機関同士が資金の調達や為替取引を行う市場のこと。
  3. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  4. もちあい放れ(保ち合い放れ:もちあいばなれ)とは、相場がほとんど動かない状態から脱し、上昇または下落...
  5. ブラックアウト(ルール)とは、中央銀行政策決定会合のメンバーが政策決定会合の前後の時期に金融政策マタ...
  6. 移動平均線(Moving average)とは、過去一定期間の終値の平均値を結んだもので、相場のトレ...
  7. ドルコスト平均法とは、一つの金融商品を定期的に一定金額ずつ購入する投資手法のこと。
  8. インフレターゲットとは、中央銀行が金融政策を進める上で定める目標インフレ率のこと。
  9. 通貨バスケット制とは、通貨の交換価値を決める際に、複数の通貨を入れた「バスケット(かご)」を想定し、...
  10. スクエア(スクウェア)とは、FXにおいて売りと買いのポジションを均衡にすること。

アーカイブ