Topics

キチンの波とは?

キチンの波とは、アメリカの経済学者キチンにより明らかにされた約40ヶ月の周期を持つ景気循環のこと。

具体的には以下。

金融・経済用語辞典より引用

(1)生産量増加・在庫増加
主に好景気の末期。生産量が非常に拡大している。

(2)生産量減少・在庫の増加
生産過剰によって在庫が増えることで生産量の調整が行われるが出荷量を上回る生産であるため、在庫数は伸びる。景気後退の始まり。

(3)生産減少・在庫減少
景気悪化に伴いさらに生産量を減らす。これにより在庫量も減少する。この状態になると景気後退も終盤。

(4)生産増加・在庫減少
出荷量が増えため、生産量を拡大する。景気の好転により消費も増えているためなお在庫が減少する。景気拡大の始まり。

以上が大まかなキチンの波の周期である。これがおよそ40ヶ月周期で起こるとされているが、近年ではこのキチンの波が観測されないケースも良く見られるようである。(90年代の米国経済など。)

キチンの波の使用例


関連記事

ドル円の現在の状況

ピックアップ記事

  1. ブラック・ショールズ・モデルとは、フィッシャー・ブラックとマイロン・ショールズが考案したオプションの...
  2. 目先筋(めさきすじ)とは、短期的な相場の変動で利ザヤを稼ぐ投資家のこと。
  3. トレーディングユニットとは?トレーディングユニットとは、自己ポジションを位置づけして区分する...
  4. イベントリスクとは、予測できない出来事によって損失が大きくなるリスクのこと。
  5. あらかじめ設定した手順やロジック(アルゴリズム)に従って、コンピュータが取引タイミングや数量を判断し...
  6. マーチンゲール法(方式)とは、負けたら賭け金を増やしていく方式のこと。
  7. 差金(さきん)決済とは、現物の受渡しはせず、反対売買による差額の授受により決済を行うこと。
  8. カットタイム(オプションカット)とは、オプション取引の権利行使を行える期限。
  9. 証拠金維持率とは、実際「保有しているポジションの必要証拠金(取引証拠金)」に対しての、有効証拠金の割...
  10. ディップ(dip)とは、もとは「浸る・沈む」といった意味。

アーカイブ